SSL/TLSコラム

300万件のLet’s Encrypt SSL証明書が取り消されます!

CAA コードのバグにより、無料のSSL認証局であるLet’s Encryptは、300万件のSSL証明書を失効させます!
失効前に証明書を更新しない限り、WebサイトユーザーにはWebサイトにRED SECURITY警告が表示されます。これは、顧客を潜在的に遠ざける兆候であり、回避しなければなりません。
 
  
Let’s Encrypt証明書の失効を防ぐには、どうすればよいでしょうか?
 
 
今インストールされているLet’s Encrypt証明書が失効するかどうかを確認するには、リストを確認するか、ツールを使用します。

失効対象の証明書を利用している場合は、更新するか新しい証明書を発行してください。
また、この機会に適切なサポートと保障が提供される安心の有料証明書を購入して頂くこともよい選択かもしれません。
詳細については、Acmeクライアントのドキュメントを確認してください。

お問い合わせがある場合や、さらにサポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る