ライセンス数について

このページのライセンス数の考え方は、ライセンス数無制限の証明書についてのものです。
コモンネームが同じなら、ひとつの証明書を、同時運用する複数のSSL機器に導入できます。

ご注意下さい。
複数のサーバで同一のSSLを使用されますと、契約に違反する不正利用となり、サポートの対象外となりますので、ご留意ください。

ライセンスの原則

SSLのライセンス数は、SSLセッションを利用する論理的なSSLサービスコンポーネント毎に必要になります。SSLサービスコンポーネントとは、SSL機能を実際に必要とするWebサーバやネットワーク機器等を指し、物理的にSSLセッションを終端する機器(SSLアクセラレータ等)とは異なる場合がございます。

必要ライセンス数の算出方法

必要ライセンス数は、SSLサービスコンポーネント上のコモンネーム(FQDN)数の総和で計算します。

・ サブドメインを利用する場合は、サブドメインの数でカウントします。 例) www1.ssl-secure.jp, www2.ssl-secure.jp の2つのサブドメインを利用している場合、2つのコモンネームとカウントします。

・ 1台のサーバに複数のコモンネーム(FQDN)がある場合、そのコモンネームの数だけSSLのライセンスが必要です。

・ SSLアクセラレータやプロキシなどを利用する場合、配下のWebサーバの台数分だけSSLのライセンスが必要です。

必要ライセンス数の算出方法

必要ライセンス数の算出方法に関しては、以下をご覧ください。

システム構成 ライセンスカウント方法
Webサーバが1台だけのシステム スタンドアロン型
・1台のWebサーバで1つのWebサイトを運用するシステム
コモンネーム数
バーチャルホスト型
・1台のサーバで複数のWebサーバを提供するシステム
コモンネーム数
メインフレーム型
・メインフレームやftサーバなどで構成されるシステム
コモンネーム数
(同一のコモンネームで、複数の認証方式を利用している場合、認証方式毎にライセンスが必要です)
仮想化サーバ型
・VMwareやXenなどの仮想化ソフトウェアを使ったシステム
コモンネーム数
(複数の仮想マシン上に同一のコモンネームがある場合、そのコモンネームが使われている仮想マシン数でカウントします)
Webサーバが2台以上あるシステム コールドスタンバイ機を利用
・メインのWebサーバに障害が発生した場合に、待機状態のサーバを立ち上げて、メインのサーバと置き換えるシステム
スタンバイ機にはライセンスは不要
ホットスタンバイ機を利用
・メインのWebサーバに障害が発生した場合に、常に同期をとっている待機サーバをメインのサーバと置き換えるシステム
スタンバイ機にはライセンスは不要
ロードバランサを利用
・クライアントとサーバの間にロードバランサを設置し、サーバの負荷を分散させるシステム
Webサーバすべてにライセンスが必要
プロキシを利用
・クライアントとサーバの間にプロキシサーバやキャッシュサーバを設置し、コンテンツをキャッシュすることでレスポンス時間を向上させるシステム
Webサーバすべてにライセンスが必要
SSLアクセラレータを利用
・クライアントとサーバの間にSSLアクセラレータを設置し、SSL処理を高速化するシステム
Webサーバすべてにライセンスが必要
多階層型Webサーバシステム
・Webサーバの配下にアプリケーションサーバやデータベースサーバがあり、その間でSSLを利用している場合
Webサーバすべてにライセンスが必要 
また、下位層のサーバでSSLをインストールしている場合、対象のサーバ毎にライセンスが必要
複合型 それぞれのWebサーバにあるコモンネーム数の総和
デバイスを利用 SSL-VPNを利用
・SSL-VPNをゲートウェイとして利用することで、社外から社内システムにリモートアクセスするシステム
SSL-VPN装置の数
RADIUSを利用
・無線LANなどのセキュリティ強化のためにRADIUSにサーバIDをインストールする場合
RADIUSサーバの数
同一のコモンネームで複数のSSLを取得する場合

Thawte SSL123証明書の場合
お申込みフォームでライセンス数をご指定ください(10ライセンスまで申し込み可能です)。

ベリサイン証明書の場合
CSRをライセンス数分作成し、CSRごとにお申込みを繰り返してください。
CSRの生成の際には、Organization Unit(OU:部門名)を変えることによって、Webサーバ台数分のSSLをご申請いただけます。

(例) -SSLを同一コモンネームで2本取得する場合-

1本目
コモンネーム:www.ssl-secure.jp
会社名:Will co.,ltd.
部門名:Customer Service 1

2本目
コモンネーム:www.ssl-secure.jp
会社名:Will co.,ltd.
部門名:Customer Service 2

上記のように、部門名の部分を変更して申請してください。

注意事項

複数のサーバで同一のSSLを使用されますと、契約に違反する不正利用となり、サポートの対象外となりますので、ご留意ください。

ページ上部へ戻る