SSL/TLSコラム

WEBサイトにアクセスした時にエラー警告がされた場合の対処法について

WEBサイトにアクセスした時にエラー警告がされた場合の対処法について

WEBページにアクセスした時にエラーが発生しアクセスを躊躇する時があります。
他人のページであればアクセスせずに離れることも可能ですが、自分のWEBサイトにエラーが発生していた場合は、原因を調査する必要があります。

IEやEdgeの場合、
「この接続ではプライバシーが保護されません」
「このサイトは安全ではありません」
「安全な接続ではありません」と表示される。

Chromeの場合、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される。

Firefoxの場合、「安全な接続ではありません」と表示される。

通常これらのエラーが発生した場合は、以下の原因が考えられます。

エラー内容 対処方法
ブラウザに入力したドメイン名とコモンネームが異なっている ドメイン名と一致した証明書を再インストールする
証明書のルート証明書がブラウザにインストールされていない ルート証明書をブラウザにインストールする
Webサーバーに中間証明書がインストールされていない Webサーバーに中間証明書をインストールする
証明書の有効期限が過ぎている 証明書を更新する
証明書が何らかの原因により失効している 証明書発行元に失効原因を確認し問題を解決する
ページ内で「https://」でないアイテムを表示しようとしている 「http://」を「https://」に修正する
ページ上部へ戻る