SSL/TLSコラム

SSLサーバー証明書の認証方式の違いについて

SSLサーバー証明書の認証方式の違いについて

SSLサーバー証明書は、認証レベルにより「ドメイン認証」「企業認証」「EV認証」の3つに大別されます。
ドメイン認証は、ドメイン名の所有権のみを確認し、企業認証は、ドメインの所有権に加え、申請した組織の実在性を確認します。
最も厳格に審査するEV認証では、登記簿謄本や第三者機関のデータベース等により法的・物理的に組織の実在性を確認することで、高い信頼性を実現しています。なお、3つの認証方式で証明書自体の機能(暗号強度など)には差がありま
せん。証明書の発行申請者をどのように審査するかによって種類が異なります。

  ドメイン認証(DV) 企業認証(OV) EV認証(EV)
発行までの期間 最短10分 2日〜1週間 1〜4週間
証明される実在性 ドメイン管理者 登記済組織 登記済組織
発行対象者 企業・団体・個人で取得可 登記済組織 登記済組織
特徴 暗号化通信
低コスト
暗号化通信
企業実在証明
暗号化通信
企業実在証明
所在地の認証
グリーンバー
ページ上部へ戻る