NEWS

GDPRの影響についてのお知らせ

SSLサーバー証明書サービスへのGDPRの影響について

 EUでは、EU域内の個人データ保護を規定する法として、1995年から現在に至るまで、適用されている「EUデータ保護指令(Data Protection Directive 95)」に代わり 2016年4月に制定された 「GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)」 が2018年5月25日に施行されました。
 ウイルネットでは、SSLサーバー証明書の承認メール送信先アドレスとして、 Whois情報からメールアドレスを抽出し、一覧に表示しておりましたが、 GDPR施行後、一部のドメインではこのメールアドレスが表示できなくなったため、 Whois情報のアドレスがアドレス一覧に表示されない場合が御座います。
これらのドメインにつきましては、認証メール送信を承れませんので、 以下アドレスでの受信をお願い致します。

admin@コモンネームで使用されているドメイン名
hostmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
postmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
administrator@コモンネームで使用されているドメイン名
webmaster@コモンネームで使用されているドメイン名

ご利用のお客様には、ご迷惑をお掛けすることとなり申し訳御座いません。

今後ともSSL-SECURE.jpをご愛顧いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る