SSL証明書サポート

SSL証明書を有効にするまでの手順や仕組みにつきましてご説明致します。
よくある質問もまとめました。
CSR(証明書要求)の作成ガイド
シマンテックロゴマーク
サーバ証明書を申請するには、CSRの提出が必要です。このページでは Apache + mod_ssl、および IIS 6.0 、IIS 7.0 でのCSRの作成方法をご紹介します。
Common Nameの間違いにご注意ください。
サーバ証明書は、その性格上、発行後の情報訂正やキャンセルが出来ません。万一、お申し込み後に誤りに気がついた場合は、申請承認をせず(RapidSSL, QuickSSLの場合)、速やかに弊社までご連絡ください。
    サーバにログインして作業を行います。OpenSSLが必要です。まず秘密鍵を作成します。 秘密鍵は、CSRの作成や発行されたサーバ証明書の運用に必要となります...
  • 続きは詳細ページへ
    サーバ上で作業を行います。まず、サーバ証明書ウイザードを起動し、Webサイトの選択して下さい。
    【スタート】 → 【設定】 → 【コントロールパネル】 → 【管理ツール】 → 【インターネットサービスマネージャ】 の順にアクセスします。 「Microsoft 管理コンソール」が開きますので、サーバ証明書をインストールするWebサイトを選択し、【プロパティ】を選択します...
  • 続きは詳細ページへ
    サーバ上で作業を行います。まず、証明書の要求を行います。 【スタート】 → 【設定】 → 【コントロールパネル】 → 【管理ツール】 → 【インターネットサービスマネージャ】 の順にアクセスします。 「機能ビュー」から【サーバ証明書】を選択し、サーバ証明書の機能ビューの右側「操作」メニューから、【証明書の要求の作成…】を選択します...
  • 続きは詳細ページへ
    1024ビットから2048ビットに証明書を更新するには、次の手順で行ないます。 まず、IISで作業用に仮の仮想サイトを作成する...
  • 詳細ページへ
サーバ証明書インストール
シマンテックロゴマーク
サーバ証明書は、テキストデータとして、お申し込みいただいた際に入力されたメールアドレスに送られます。インストール方法は証明書の種類、サーバの種類によって異なります。以下に代表的な組み合わせでのインストール方法について説明します。
レンタルサーバ会社にご確認ください。
レンタルサーバサービスを利用の場合は、提供されているコントロールパネル内でSSLの設定をする場合がほとんどと思われます。上記とは全く手順が異なりますので、詳しくはご利用のレンタルサーバ提供会社にお問い合わせください。
    対象SSL証明書
    RapidSSL, RapidSSL Wildcard, QuickSSL Basic, QuickSSL Premium, True BusinessID, True BusinessID Wildcard, True BusinessID EV
  • Apache + mod_ssl
  • IIS 6.0
  • IIS 7.0
    対象SSL証明書
    セキュア・サーバ ID, グローバル・サーバ ID, セキュア・ サーバ ID EV, グローバル・サーバ ID EV
  • Apache + mod_ssl
  • IIS 6.0
  • IIS 7.0
    中間証明書は、サーバ証明書と一緒にメールでお送りします。ユーザー専用ページからも入手可能です。(ユーザー専用ページには、証明書発行の翌日から反映されます)
サイトシールの使用方法
シマンテックロゴマーク
サイトシールとは、クリックすると証明内容を表示する動的な画像のことです。 CONODOでは「セキュアサイトシール」、ジオトラストではこの動的な画像を「スマートシール」、 シマンテックでは「トラストシール」「セキュアドシール」といいます。一般的には総称してサイトシールと呼ばれることが多いようです。
    このシールは、SSLサイトの運営主体の実在をCOMODOが証明するものです。顧客の方に、お客さまの安全なオンラインサービスを使用することへの安心と信頼感を抱かせる理想的な方法です。

    【ドメイン認証タイプ及び マルチドメインSSL用】
    ▼対象SSL証明書
    PositiveSSL Wildcard
    EssentialSSL Wildcard

    comodo.jp

    comodo.jp

    comodo.jp
    ※これらのロゴはサイトシールとしての機能はありません


    【ドメイン認証タイプ シングルドメインタイプ】
    ▼対象SSL証明書

    PositiveSSL
    EssentialSSL

    InstantSSL
    InstantSSL Pro


    鍵マーク型
    鍵マーク型


    【企業認証タイプ シングル・マルチドメイン】
    ▼対象SSL証明書

    PremiumSSL
    PremiumSSL Wildcard
    EV SSL
    EV SGC SSL


    鍵マーク型
    鍵マーク型

    コーナーサイトシール
    コーナーサイトシール


    コモド社のトラストシールサービスのサイト(https://trustlogo.com/)からサイトシール(トラストシール)を入手してください。


    (1)「Setup TrustLogo Now」をクリックしてください(「Buy...」の方ではありません)。

    (2) 次のページで証明書のタイプとサイトの背景色を選択すると、シール画像の候補がいくつか表示されますので、サイトに設置したいものを選び、右クリックで保存してください。

    (3) 画像をサイト内にアップロードしてください。

    (4) アップロードした画像のURLを、https://trustlogo.com/の次のページで入力し「VERIFY」をクリックしてください。

    (5) 画像が表示されましたら「Conitnue」をクリックして次のページに進んでください。

    (6) HTMLが表示されます。
    左側のボックス内のHTMLを、サイトシールを設置したいページの<HEAD>~</HEAD>内に、右側ボックス内のHTMLを<BODY>~</BODY>内に記述してください。


    上記手順により、サイトシールの表示、認証が行われます。

     

     

    PremiumSSLの場合は、

    いったん別の証明書を指定して画像ファイルのみダウンロードし、
    HTMLは以下を利用してください。

     

    <HEAD>~</HEAD>

     

    <script type="text/javascript"> //<![CDATA[
    var tlJsHost = ((window.location.protocol == "https:") ? "https://secure.comodo.com/" : "http://www.trustlogo.com/");
    document.write(unescape("%3Cscript src='" + tlJsHost + "trustlogo/javascript/trustlogo.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
    //]]>

     

    <BODY>~</BODY>

     

    <script language="JavaScript" type="text/javascript">
    TrustLogo("{アップロードした画像のURL}", "SC2", "none");
    </script>


    GeoTrustスマートシールはジオトラストの認証サービスを受けていることの証明であり、サイトにアクセスしてきたユーザに対して、このサイトが信頼できることをわかりやすく示します。

    対象SSL証明書
    QuickSSL® Premium, True BusinessID®、True BusinessID® Wildcard、True BusinessID® EV では、SSLサイトにGeoTrustスマートシールを貼ることができます。

    RapidSSL®, QuickSSL® Basic はスマートシールを提供していませんが、かわりにロゴを用意しています。

    RapidSSL®
    Secured by RapidSSL
    QuickSSL®
    Secured by QuickSSL
    ※これらのロゴはサイトシールとしての機能はありません。


    QuickSSL® Premium, True BusinessID®とも、記述方法は同じです。 Webページのスマートシールを貼りたい箇所に、以下のHTMLを記述してください。
    <!-- GeoTrust True Site[tm] Smart Icon tag. Do not edit. --> <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" TYPE="text/javascript" SRC="//smarticon.geotrust.com/si.js"></SCRIPT> <!-- end GeoTrust Smart Icon tag -->
    サーバ証明書をお届けするメールにも、スマートシールのHTMLを記述しています。

    このスマートシールは単なる画像ではありません。ページにアクセスする度にダイナミックに生成されます。シール上には、ジオトラストのロゴと、アクセスした時刻が表示されます。

    QuickSSL® Premium
    サンプル
    (表示サンプル)

    シールをクリックすると、別ウインドウが開いて、URL、ステータス、サーバ証明書のシリアル番号、サーバ証明書の有効期間を表示します。

    True BusinessID®
    True BusinessID® Wildcard
    True BusinessID® EV

    サンプル
    (表示サンプル)

    シールをクリックすると、別ウインドウが開いて、URL、組織名、組織の登記住所, 電話番号, FAX番号、サーバ証明書のシリアル番号、サーバ証明書の有効期間を表示します。
    このシールは、SSLサイトの運営主体の実在をシマンテックが証明するものです。シールをクリックすると検証ページにサイト運営者の詳細情報が表示され、お客様のサイトへの信頼を高めるのに役立ちます。

    シマンテック セキュアドシール
    サンプル
    ※上記の画像はサイトシールのサンプル画像です。実際のシールはコピー&ペーストが不可能です。

    対象SSL証明書
    シマンテック セキュア・サーバID、 グローバル・サーバID、 セキュア・サーバID EV、 グローバル・サーバID EVを購入されたお客様は、シマンテックセキュアドシールをWebサイトに掲載することが出来ます。
  • シマンテック詳細ページへ
ライセンス数について
サンプル

このページのライセンス数の考え方は、ベリサインの証明書についてのものです。ジオトラスト証明書は、ライセンス数無制限です。コモンネームが同じなら、ひとつの証明書を、同時運用する複数のSSL機器に導入できます。

ご注意下さい。
複数のサーバで同一のSSLを使用されますと、契約に違反する不正利用となり、サポートの対象外となりますので、ご留意ください。
    SSLのライセンス数は、SSLセッションを利用する論理的なSSLサービスコンポーネント毎に必要になります。SSLサービスコンポーネントとは、SSL機能を実際に必要とするWebサーバやネットワーク機器等を指し、物理的にSSLセッションを終端する機器(SSLアクセラレータ等)とは異なる場合がございます。

    必要ライセンス数は、SSLサービスコンポーネント上のコモンネーム(FQDN)数の総和で計算します。

    ・サブドメインを利用する場合は、サブドメインの数でカウントします。 例) www1.ssl-secure.jp, www2.ssl-secure.jp の2つのサブドメインを利用している場合、2つのコモンネームとカウントします。

    ・1台のサーバに複数のコモンネーム(FQDN)がある場合、そのコモンネームの数だけSSLのライセンスが必要です。

    ・SSLアクセラレータやプロキシなどを利用する場合、配下のWebサーバの台数分だけSSLのライセンスが必要です。 ...
  • 必要ライセンス数の算出方法へ

    Thawte SSL123証明書の場合
    お申込みフォームでライセンス数をご指定ください(10ライセンスまで申し込み可能です)。

    ベリサイン証明書の場合
    CSRをライセンス数分作成し、CSRごとにお申込みを繰り返してください。 CSRの生成の際には、Organization Unit(OU:部門名)を変えることによって、Webサーバ台数分のSSLをご申請いただけます。


    (例) -SSLを同一コモンネームで2本取得する場合-
    ▼1本目
    コモンネーム:www.ssl-secure.jp
    会社名:Will co.,ltd.
    部門名:Customer Service 1

    ▼2本目
    コモンネーム:www.ssl-secure.jp
    会社名:Will co.,ltd.
    部門名:Customer Service 2

    上記のように、部門名の部分を変更して申請してください。

その他よくあるご質問
シマンテックロゴマーク
SSLや導入について、サービス内容と発行手続きについてなど、お客様よりよくある質問をまとめました。
パートナー制度のご案内
シマンテックロゴマーク
SSL-SECURE.jpでは、SSLサーバ証明書をお取り扱い頂く企業、個人事業主様を募集しています。

    パートナー登録に個人・法人の制限はありません。
    保証金・登録費用などは一切必要ありません。
    注文が発生する都度お申込みいただき、その都度、お支払いが発生します。
    会費などの固定的に発生する費用や、販売ノルマなどは一切ありません。

    パートナー様へは特別価格でサーバ証明書を販売します。価格設定に制約はありません。
    RapidSSL、QuickSSLの場合、エンドユーザ様の審査等はジオトラストがオンラインで直接行いますので、証明書発行手続きの負担はほとんどありません。

    ※その他のサーバ証明書ではエンドユーザ様の書類提出をお取次ぎいただく必要があります。

  • パートナー価格一覧表はこちら
    あらかじめ一定の金額をプールし、お申込みの度に、プールした金額の中からお支払いいただく仕組みです。
    入金は随時行っていただけます。銀行振込、クレジットカード決済の両方が利用できます。

    ※パートナーを解約された場合は、残金は返金いたします。(事務手数料として 1,050円かかります。また、返金に要する銀行振込手数料などについてはご負担ください)。

    パートナー専用サイトをご用意。発行申込みや入金などは、全てこのサイトにアクセスするだけで行っていただけます。
    ▼パートナー専用サイトのメニュー一覧
      ・サーバ証明書申し込み
      ・契約一覧
      ・申し込み履歴
     ・入金手続き
  • パートナーログインはこちら
    パートナーご利用規約に同意の上、パートナー登録フォームよりお申込みください。その場でパートナーとして登録されます。

    登録完了後、パートナー専用サイトへのログイン情報を記載したメールをお送りします。
    サーバ証明書をお申込みいただくには、事前に入金いただく必要があります。パートナー専用サイトの「入金手続き」メニューからお手続きください。
    入金には銀行振込とクレジットカード決済の両方がご利用いただけます。 銀行振込は、手続き後、指定の口座までお振込ください。振込の確認ができ次第、残高に追加されます。 クレジットカード決済は、決済成功と同時に残高に追加されます。お急ぎの場合はカード決済をお勧めします。
  • パートナー登録フォームはこちら

おすすめ情報

Rapidssl
最安値!年額2,178円~
手続き簡単で一番人気!
リニューアルボーナス
90日前から更新可能!
お早めの更新で大変お得なリニューアルボーナス
EVSSL
なりすまし対策に最適!
サイトの確かさが一目でわかる!
パートナー募集
オリジナルブランドとして自由に販売可能
特別価格でご提供!
ページの最上部へ








高品質で安全なホスティングサービス、レンタルサーバー、仮想化ソリューションのウイルネット
Copyright(C) Will Co,ltd. All Right Reserved.

お申込みはこちら